カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ご案内

新たにBlogを始めます


このブログは備忘録として9年が過ぎ10年目に入りましたが
昨年末にPCのアクシデントがあり現在は公開を中断しておりました

皆様には大変ご心配をお掛けいたしましたが
新たにブログを開設する事にしました

新しいブログのタイトルは
「好い加減に過ごす2」として引き継ぎます

新ブログのアドレスは
hiro70.exblog.jp/ です


また皆様とお会いできるのが楽しみです

f0126282_22003378.jpg


このブログへの書込みは今後は非公開といたしますので
ご了承ください(今まで公開した投稿の閲覧は可能です)

また再びエキサイト・ブログさんには続けてお世話になります
尚 今後はぼちぼちやりますので 宜しくお願いいたします

ご訪問有難うございました



[PR]
# by hiro_shima1 | 2016-01-17 22:06 | Comments(2)

流れに任せ

映りこむ天地


冬空に
天地をも吸い込み
流れるいつもの川
f0126282_00210507.jpg


昨日(12/28)
記憶を失った(空のHD) PCが戻る

魂を抜かれたようで手も足も出ない
記憶を取り戻すまで時間が必要のようだ

何らかのかたちで
また いつもの様に流れ出したい

皆様
良いお年をお迎えください



[PR]
# by hiro_shima1 | 2015-12-30 00:29 | 何気ない風景 | Comments(4)

お知らせ

立ちあがれず


なにごとも繰り返すがごとく
昨日からは雪でした

そして なぜか私のPCが昨日から立ちあがらず
色々試みるも修復できず 私も落ち込んだまま

PCが全てを消したように
何かがこわれ始めたようです

しばらくお休みをさせていただきます
ご訪問有難うございました



PCを借りてのお知らせです
[PR]
# by hiro_shima1 | 2015-12-18 09:29 | Comments(2)

雪が消えた

やはり天気が変?


雪に覆われた景色は消え
再び霜柱が立つ地上が現れた
f0126282_14072308.jpg


往ったり来たりでもたつく天気



[PR]
# by hiro_shima1 | 2015-12-16 14:08 | 何気ない風景 | Comments(0)

空中散歩 2

青春が甦る


♪遠い世界に旅に出ようか~
そんな唄がどこからとなく聴こえる時間を
雲の上からの熱気球で愉しむ


オーストラリアで迎えてくれたカンガルー
f0126282_00254091.jpg


風船に乗って旅にでる準備
f0126282_00255735.jpg


マリーバ高原の広大な大地に船長?が風を読む
f0126282_00261953.jpg


バーナーの焚く音が響き 大空へと誘う
f0126282_00263142.jpg


いよいよ浮上 影と共に飛び上がった
f0126282_00264164.jpg


まったくの風まかせ操縦桿なるものは無い
危険がいっぱい
それが青春だったのだろう

影までが「感嘆符」
f0126282_00265938.jpg


上空からの見晴 影



気球が風に乗りスピードを上げた
木々が走る?
f0126282_00272684.jpg
良く見ると木の影のない部分が線のように見え
明るくなり画像に動きを感じさせている



高原を早朝ランニング
f0126282_00273840.jpg



牛や馬も見える
f0126282_00275080.jpg


野生のカンガルー
f0126282_00280041.jpg


青春時代の夢を載せて飛んでいた
f0126282_00281348.jpg


早朝で上空は風もあり寒いだろうと思ったが
バーナーの熱も有り風もなく居心地は悪くない
風は気球が方向を変える(気流を乗り換える)時に少し感じた程度であり
音は上昇する時に焚くバーナ以外は静かで静寂の世界であった


取りあえずケアンズの旅記録はこれで終ります
見て頂き有難うございました

体調不良につき今一気持ちが乗ってきません
気を取り直しアドバルーンを上げておきました
f0126282_00283301.jpg


明日の平和な世界への願いを込めて



[PR]
# by hiro_shima1 | 2015-12-13 00:41 | 時には旅を | Comments(4)

足跡

お出掛け


先を越された
f0126282_18533416.jpg
12/8 撮影   



[PR]
# by hiro_shima1 | 2015-12-10 18:54 | 何気ない風景 | Comments(0)

繰り返す降雪

久々の歩き


雪が再び大地に遊び白く覆った
久しぶりの散策で私も川面に光と遊ぶ
f0126282_09582214.jpg

f0126282_09583581.jpg

12/8 撮影   



時間に追われ集中力を欠き
旅の記録もとぎれとぎれ

少しの合間に
白く降り積もった川の堤防を歩く



[PR]
# by hiro_shima1 | 2015-12-09 10:06 | 何気ない風景 | Comments(2)

他の動物たち

動物園などで


他に出逢った動物達である

コアラは可愛い
1日平均20時間の睡眠をとるようだ (ワイルドライフパークにて)
f0126282_16114796.jpg


グラネット渓谷のロックワラビーである
f0126282_16115981.jpg


おなかには赤ちゃんが
f0126282_16121199.jpg



カンガルー (ワイルドライフパークにて)
f0126282_16122161.jpg


オーストラリアの代表的な動物と云えばカンガルーであるが
「カンガルー」と「ワラビー」は同じく見えるので調べる
やはり生物学上の明確な違いは無く
大型種を「カンガルー」 小型種を「ワラビー」と
大きさだけで区別しているようだ
いずれもカンガルー科に分類される有袋類の動物であった


絶滅危惧種である野生犬のディンゴ (ワイルドライフパークにて)
f0126282_16143289.jpg


ヒクイドリ
絶滅危惧種で世界一危険な鳥らしい (ワイルドライフパークにて)
f0126282_16171174.jpg



スカイレールからは熱帯雨林をぬうキュランダ鉄道が見えた
f0126282_16144006.jpg


その熱帯雨林で見かけたキバタン 80歳ぐらいまで生きる長寿の鳥とか
f0126282_16150795.jpg


カーテンフィグツリー(絞め殺しイチジク)にも行ってみた
f0126282_16162261.jpg


そこで見かけたヤブツカツクリ♂
暗い森林でいきなり鉢合せで ビックリの大ボケ(笑)
f0126282_16164766.jpg



郊外には 放し飼い?と思われる鳥達がいた

クジャクが闊歩
f0126282_16174453.jpg


シチメンチョウも闊歩  迫力あり
f0126282_16175758.jpg


ウコッケイ(烏骨鶏)までも
f0126282_16183123.jpg


爬虫類にもお目に掛かる (ワイルドライフパークなどにて)

ワニ
f0126282_16190897.jpg


トカゲ
f0126282_16192198.jpg


カメ  目の表情がロボット的である
f0126282_16193480.jpg


南半球最大の蝶園へ
ケアンズ・キュランダ村にある「バタフライサンクチュアリ」を見る
熱帯雨林を再現した園内には蝶が飛び交う(1500種いるらしい)

ケアンズトリバネチョウなどが飛翔
f0126282_16195028.jpg


動物園での見学も悪くはないが
自然の中での予期せぬ生き物との出逢いや
家畜化された鳥が日常的に近場を自由に闊歩する風景など
実に愉しい自然の生活がそこにはあった



[PR]
# by hiro_shima1 | 2015-12-08 17:03 | 動植物との出逢い | Comments(2)

放し飼い

ケアンズで見た鳥たち 5


バードウォッチングツアーの予定はないので
宿泊ホテル近くのケアンズ・ワイルドライフ・ドーム動物園へ

ほとんどの鳥は放し飼いされており
より自然に近い状態で見る事ができた


ワライカワセミ
大きいのには吃驚である(40~45cm)
人の笑い声のように鳴くらしいが聞くことは出来なかった
f0126282_23192764.jpg


アカオクロオウム
日本のペットショップでは200~300万円するようだ
f0126282_23195072.jpg


オーストラリアオオイシチドリ
写真手前の卵が気になった
f0126282_23201063.jpg


シロガシラツクシガモ
胸の黒のラインが印象的である
f0126282_23202396.jpg


キンバト
美しい緑色の小型のハト(25cm)
日本では八重山諸島に分布する絶滅危惧類
f0126282_23203556.jpg


シマコキン
全長約10cm程の小さな鳥
f0126282_23213798.jpg


f0126282_23214979.jpg


ノドグロヤイロチョウ
希少鳥類 のようだ
f0126282_23220796.jpg


チョウショウバトに似ているがベニカノコバトでないだろうか?
f0126282_23222192.jpg


キンカチョウ♂
ペットとして人気があるそうだ
f0126282_23232377.jpg


オオハナインコ
オス(緑)とメス(赤)では色が全く違う
f0126282_23234501.jpg


ウスユキバト
眼の周りが赤くふちどられた小さなハト(20cm程)
f0126282_23240589.jpg
初めて見る鳥がほとんどでした



[PR]
# by hiro_shima1 | 2015-12-05 23:55 | 動植物との出逢い | Comments(1)

グリーン島 2

ケアンズで見た鳥たち 4

海辺で見た鳥


ハシブトオオイシチドリの飛翔

この鳥は主に地上で暮らす
危険な時には走って逃げるそうだ
よほどのことでないかぎり飛び上がることはないらしい

希少な飛翔姿の写真?
f0126282_20291648.jpg

私に驚いて飛んだようだ
近づき過ぎたのかもしれないと反省する


辺りを窺うハシブトオオイシチドリ
f0126282_20363469.jpg


このような白砂の海辺で鳥達を見かけた
f0126282_20302799.jpg


ムナグロ? に似ているが
f0126282_20305215.jpg

アオアシシギ?
f0126282_20304467.jpg


キアシシギ?
f0126282_20310142.jpg

何処の浜にもギンカモメはいた
f0126282_20311120.jpg


ベンガルアジサシ?が飛ぶ
f0126282_20312383.jpg


たくさんの鳥が止まっている
f0126282_20313479.jpg


ヒメクロアジサシ(チドリ目カモメ科)のようだ
f0126282_20314788.jpg


逃げる様子はない
f0126282_20315613.jpg


海が西日に輝くまでたっぷりと島を満喫
f0126282_20320734.jpg


双胴船のフェリーにて島を離れた
f0126282_20322437.jpg


南半球で見た月 北半球では左右反対に見えているのかな?
f0126282_20323822.jpg


引き続き動物園等での初見鳥を紹介



[PR]
# by hiro_shima1 | 2015-12-02 21:08 | 動植物との出逢い | Comments(0)