人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

他の動物たち

動物園などで


他に出逢った動物達である

コアラは可愛い
1日平均20時間の睡眠をとるようだ (ワイルドライフパークにて)
f0126282_16114796.jpg


グラネット渓谷のロックワラビーである
f0126282_16115981.jpg


おなかには赤ちゃんが
f0126282_16121199.jpg



カンガルー (ワイルドライフパークにて)
f0126282_16122161.jpg


オーストラリアの代表的な動物と云えばカンガルーであるが
「カンガルー」と「ワラビー」は同じく見えるので調べる
やはり生物学上の明確な違いは無く
大型種を「カンガルー」 小型種を「ワラビー」と
大きさだけで区別しているようだ
いずれもカンガルー科に分類される有袋類の動物であった


絶滅危惧種である野生犬のディンゴ (ワイルドライフパークにて)
f0126282_16143289.jpg


ヒクイドリ
絶滅危惧種で世界一危険な鳥らしい (ワイルドライフパークにて)
f0126282_16171174.jpg



スカイレールからは熱帯雨林をぬうキュランダ鉄道が見えた
f0126282_16144006.jpg


その熱帯雨林で見かけたキバタン 80歳ぐらいまで生きる長寿の鳥とか
f0126282_16150795.jpg


カーテンフィグツリー(絞め殺しイチジク)にも行ってみた
f0126282_16162261.jpg


そこで見かけたヤブツカツクリ♂
暗い森林でいきなり鉢合せで ビックリの大ボケ(笑)
f0126282_16164766.jpg



郊外には 放し飼い?と思われる鳥達がいた

クジャクが闊歩
f0126282_16174453.jpg


シチメンチョウも闊歩  迫力あり
f0126282_16175758.jpg


ウコッケイ(烏骨鶏)までも
f0126282_16183123.jpg


爬虫類にもお目に掛かる (ワイルドライフパークなどにて)

ワニ
f0126282_16190897.jpg


トカゲ
f0126282_16192198.jpg


カメ  目の表情がロボット的である
f0126282_16193480.jpg


南半球最大の蝶園へ
ケアンズ・キュランダ村にある「バタフライサンクチュアリ」を見る
熱帯雨林を再現した園内には蝶が飛び交う(1500種いるらしい)

ケアンズトリバネチョウなどが飛翔
f0126282_16195028.jpg


動物園での見学も悪くはないが
自然の中での予期せぬ生き物との出逢いや
家畜化された鳥が日常的に近場を自由に闊歩する風景など
実に愉しい自然の生活がそこにはあった



by hiro_shima1 | 2015-12-08 17:03 | 動植物との出逢い | Comments(2)

枯葉に忙しく

エゾリスが冬支度


リス達のお出迎え
色付いた野道で冬支度
あちら こちら で忙しそう

f0126282_09531407.jpg

f0126282_09250861.jpg

f0126282_09252032.jpg

f0126282_09245303.jpg



円山で見かけたエゾリス

11/3 撮影   



by hiro_shima1 | 2015-11-08 09:57 | 動植物との出逢い | Comments(4)

アライグマ

洗熊


まだ子供であろうか?
絶えずこちらを威嚇していた

f0126282_07484345.jpg

f0126282_07490791.jpg

f0126282_07492400.jpg


農作物への被害や生態系への影響などが問題
前足を水中に突っ込んで獲物を探る姿が
手を洗っているように見えることが名称の由来(ウィキペディア)

10/1 名水ふれあい公園にて



by hiro_shima1 | 2015-10-06 07:52 | 動植物との出逢い | Comments(0)

初秋の森林

水辺の広場へ


紅葉には早いが秋を求めて歩く
f0126282_21270406.jpg


道端に咲いていたのは ネバリノギクでしょうか?
植えたかのように あちらこちらで咲いている
f0126282_21272304.jpg


森林内ではセリ科の花がまだ咲いた
f0126282_21273864.jpg


森には色付いた実を見る事が出来た

ツルリンドウの赤い実である
f0126282_21274749.jpg


ツクバネソウの黒い実
f0126282_21275911.jpg


ツリバナも綺麗である ピンクのマユミもあった
f0126282_21281145.jpg


他にマイズルソウやハイイヌガヤ そしてクリの実なども見る事ができた

また森林内は沢山のセミの抜け殻が目立つ
f0126282_21282588.jpg


帰宅時はカエルでしめである
アカガエルですが○○アカガエルまでは分かりません?
f0126282_21283991.jpg


次回は紅葉を見たいと思う

9/19 撮影   



by hiro_shima1 | 2015-09-30 21:34 | 動植物との出逢い | Comments(0)

俺ん家

訪問する


知らない世界
蜘蛛の家を訪ねた


お出迎え
f0126282_10392377.jpg


難しそうな空間
f0126282_10393534.jpg


バリアで覆う
f0126282_10394804.jpg


・・・・

早朝から失礼しました


5/29 撮影   




by hiro_shima1 | 2015-06-03 10:42 | 遊び心を・・・ | Comments(0)

母なる大地

まるで絵のようだ


森の息づかいが聴こえそう
f0126282_08353534.jpg

山菜採りで見かけた風景



そんな大地を
カタツムリが歩く
f0126282_08354747.jpg

サッポロマイマイでしょうか?
顔を出した姿を見る事が出来ました


5/10 撮影

by hiro_shima1 | 2015-05-27 08:38 | 近郊へのお出掛け | Comments(0)

小さなカタツムリ

ゼニゴケの林を行く



迷い込んだミニチュアの世界
f0126282_08371497.jpg



陸に棲む巻貝である
f0126282_08372491.jpg


ゼニゴケを被写体に遊んだのを思い出す

http://hiro60.exblog.jp/20623835/
http://hiro60.exblog.jp/20627114/

5/7 撮影   



by hiro_shima1 | 2015-05-09 08:41 | 動植物との出逢い | Comments(0)

桜と水芭蕉

動物達との出逢いも



ミズバショウを追いかけた春も
桜の開花で終わりのようだ
f0126282_07281543.jpg


地元ミズバショウの調査
私の担当地域内で色々な野草と動物に逢う



動物は鳥との出逢いが多いが
痩せたキツネとヘビが印象的であった

耐えた冬?
f0126282_07263098.jpg


4/28 撮影       

日向ぼっこと思いきや

ヘビの嫌いな方は飛ばして下さい








f0126282_07270146.jpg


5/1 撮影       





出掛ける事が多く写真の整理が追い付きません




by hiro_shima1 | 2015-05-02 07:32 | 動植物との出逢い | Comments(0)

波状に遊ぶ

陽だまりの池



心地よい時間  楽楽
f0126282_07271020.jpg


f0126282_07272668.jpg


f0126282_07273729.jpg


f0126282_07275294.jpg

4/21 撮影       



by hiro_shima1 | 2015-04-26 07:29 | 何気ない風景 | Comments(2)

オタマジャクシ

まだあった春


カエルも冬眠から覚めたようだ
ここにも春が来ていた
f0126282_07020704.jpg


トノサマガエル(殿様蛙)が
毎年産み付ける水桶とか
f0126282_07022731.jpg


先日の水芭蕉の水辺にも確認できた


北海道ではトノサマガエルは国内外来種で
学校教材として持ち込まれた個体が野生化したらしい


4/9 撮影       


【 メ モ 】

北海道在来種の生態系に影響があるとされる「国内外来種」は
身近なものでは コイ トノサマガエル カブトムシ ニホンイタチ ヒメタニシなどがある

「北海道ブルーリスト」には
全部で 860 種の外来種生物が選定されており
そのうち「国内外来種」は125種 「国外外来種」は706種 「不明」29種であった



by hiro_shima1 | 2015-04-12 07:11 | 動植物との出逢い | Comments(2)