カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

朝のお出かけ 2

今日も蜘蛛の巣


蜘蛛の巣にとらわれた様だ

f0126282_21043748.jpg


f0126282_21045959.jpg



f0126282_21052179.jpg


f0126282_21055249.jpg


f0126282_21061748.jpg


f0126282_21065066.jpg


f0126282_21071262.jpg


糸の水滴が消え そろそろ巣も視界から消えて行く
そして今日も狩りが始まった

9/15 撮影      



[PR]
by hiro_shima1 | 2015-09-29 21:16 | 動植物との出逢い | Comments(0)

朝のお出かけ 1

たくさんの蜘蛛の巣


道端にはモアレを楽しむほどの網線

f0126282_20330586.jpg


f0126282_20332185.jpg


f0126282_20333233.jpg


f0126282_20334397.jpg


f0126282_20335319.jpg


f0126282_20341578.jpg



f0126282_20343024.jpg



f0126282_20344596.jpg


f0126282_20350857.jpg


色々の罠を見た

9-14 撮影   



[PR]
by hiro_shima1 | 2015-09-29 20:55 | 動植物との出逢い | Comments(1)

蜘蛛

巣の準備も終え


また蜘蛛の巣である

朝からお出まし 何処?
f0126282_09521932.jpg


朝陽を浴びて気持ちよさそう
f0126282_09523648.jpg


静まりかえった美しい自然の一コマである
なぜかグレー調の版画で遊ぶ
f0126282_09525497.jpg


綺麗な花の後ろに罠が?


8/16 撮影   



[PR]
by hiro_shima1 | 2015-08-20 09:55 | 何気ない風景 | Comments(0)

今日の始まり

朝の散歩道で


蜘蛛の巣が 目に留まる

f0126282_08284474.jpg

f0126282_08285675.jpg

f0126282_08291409.jpg


8/16 撮影   



[PR]
by hiro_shima1 | 2015-08-19 08:32 | 何気ない風景 | Comments(2)

ノハナショウブの群生地

「花かつみ」?


幻の花?を求め
「かつみ、かつみと尋ね歩き」と芭蕉さん


いま北海道ではノハナショウブが咲き始めた
f0126282_10232348.jpg



今年も江別市の「ノハナショウブ群生地」へと出掛ける
まだ少し早すぎたようだがボチボチと咲き始めていた
f0126282_10233604.jpg

f0126282_10234996.jpg

f0126282_10241688.jpg

セセリチョウも愉しむ
f0126282_10243197.jpg


ノハナショウブは園芸種であるハナショウブの原種で
いまではその自生地が激減し 見れるところが少ないようだ

ここは2008年から地域の方々の
ボランティアにより保存活動が行われてる

美しい花の咲く植物 「花かつみ」は何だったのでしょう
ここのノハナショウブはこれからが見ごろです


6/22 撮影   





[PR]
by hiro_shima1 | 2015-06-23 10:32 | 動植物との出逢い | Comments(0)

野に遊ぶ

長閑な季節


のんびりと自然の中で


桂の葉からのこもれび
f0126282_19023492.jpg


ミヤマカラスアゲハが飛び交う
f0126282_19024732.jpg


エゾハルゼミのようです
f0126282_19031757.jpg


ツクバネソウの花が可愛い
f0126282_19033873.jpg


ギンリョウソウも顔を出す
別名ユウレイタケと言い なんとなく涼しさを感じる
f0126282_19035536.jpg


スダヤクシも気持ちよさそう
f0126282_19040994.jpg


こんな長閑な日もあり
何となく嬉しい季節の到来である


1週間前(6/17) 蝶採集会にて撮影



[PR]
by hiro_shima1 | 2015-06-17 19:08 | 愉しむ | Comments(0)

小さなテントウムシ

オレンジ色で柄無し



私に付いていたテントウムシ

無地で小さく
頭胸部のみが黒い柄で
あまり見た事がない
f0126282_14590058.jpg

f0126282_14591385.jpg

f0126282_14592383.jpg


調べると柄の種類が多いナミテントウの様です?

テントウムシの多くは肉食系で
幼虫も成虫もアブラムシなどを食べてくれる益虫

夏の暑い時期は活動を停止し夏眠
寒い冬は成虫で冬眠し越冬するそうだ


5/27 撮影   



[PR]
by hiro_shima1 | 2015-06-04 15:02 | 動植物との出逢い | Comments(0)

北広島を知ろう!

小雨の中を出掛ける

地元を知ろうと言う事で
養蜂場・まるひろ大根生産者・ドサンコトレッキングの見学に参加


荒井養蜂場さんを訪問

   ミツバチの巣
f0126282_08204754.jpg


   ミツバチの巣箱
f0126282_08211134.jpg

「ミツバチの里山」構想などの楽しい話もお聞きしました




輪厚の「まるひろ大根」生産者 佐藤さんを訪問
画像は有りませんが
「まるひろ大根」は地元の特産で大変美味しい大根

本州の料理店などに出荷
最近は跡継ぎがおらず生産農家が減少しているようです




ドサンコトレッキング
「ホース・フィールド・ワッツ」さんの牧場を訪問

   雨に霞む牧場
f0126282_08212454.jpg


   牧草をついばむドサンコ
f0126282_08214477.jpg

本州からのお客さんのがほとんどで
スポーツ流鏑馬の練習もできる

北海道和種(道産子)は開拓時代に活躍した馬で
現在でも冬の寒い外で飼育しているとの事


知らない地元を垣間見た気がします


10/3 撮影       



[PR]
by hiro_shima1 | 2014-10-05 23:50 | 愉しむ | Comments(0)

トンボが生きる

蜘蛛の罠


自然は危険と隣わせ


トンボが羽を休める
f0126282_14161676.jpg


その奥には大きな蜘蛛の巣が
f0126282_14162689.jpg


引き込まれそうな気がした
f0126282_14164005.jpg


こんな環境で人間も生活しているのかも知れない


8/30  撮影       





[PR]
by hiro_shima1 | 2014-08-31 14:20 | 動植物との出逢い | Comments(0)

蜘蛛の巣

棲み処を拝見


朝の陽ざしを浴び
この日は蜘蛛の巣ばかりが目立つ

折角 朝から出掛けたので
それならばと撮ってみた

だが陽を背にすると巣は消える(見えない)
良く出来た罠の棲み処である


色々と取り揃えました
お好きなものをどうぞお選び下さい

さしづめマンション街 どれにしようか?なんて有りえないが

f0126282_07585844.jpg


ゆったりとした巣 なんとなくゆとりを感じる
f0126282_07591159.jpg


三角屋根?の家
f0126282_07593732.jpg


四角い家
f0126282_07595054.jpg


隣合わせ アパートかな?
f0126282_08000303.jpg


基礎がしっかり 景色も良さそう

f0126282_08072679.jpg


只今 建設中?です
f0126282_08074301.jpg


明るい環境 もう逃がさない
f0126282_08080060.jpg


陽を浴びて いつも綺麗
f0126282_08080971.jpg


ほとんどがオーナー不在ですが ここは在宅
f0126282_08082410.jpg


最後は緑に囲まれ水も豊富 なかなか綺麗な巣魅家でした
f0126282_08084335.jpg


気に入った棲み家は有りましたか?

しかしこれは罠
どこかに隠れ
密かに獲物を狙っている


暇に任せて飽きもせず朝から遊ぶ


8/30  撮影       




[PR]
by hiro_shima1 | 2014-08-31 08:19 | 動植物との出逢い | Comments(1)